笑顔。 心穏やかに、優しくなりたい。 ~ここにはありのままのわたしを綴っていきたいな。~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偶然に
2010年06月01日 (火) | 編集 |
石川 さゆりさんの

「だいこんの花」

を偶然 聞いた。

今の私には 心に染み入る詩だった。

作詞は吉岡 治さんだ。
スポンサーサイト
もう信じることはない。
2010年06月01日 (火) | 編集 |
~2010.05.31(Mon)~

※思いをだだっと綴っておりますので、
 気分を害することがあるかもしれませんので、
 スルーしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨年のクリスマスに起きた出来事。。。
⇒(過去記事へ
その方の心意(真意)が問われる日だった。
半分は信じていた。いや、信じたかった。
7割がた 疑いの目で見ていたのが事実。

 夜 電話が鳴った。
案の定・・・。詳しくは書けないけれど。
やっぱりかぁ・・・。
やはり世間でも言うように、あるものが絡むときは、
絶対信じちゃいけなかったんだなぁ。

その方は、すぐに電話を切った。また明日かけるという。
何が変わるのか?言い訳??
意思はあるのか?
もう声も聞きたくない。

いくらなんでも、常識が無いのではないか、
「それは、でまかせですよね」としか思えない 言い訳だった。

期日は今日。そうなったのは今日でないはず。
前もって言ってくるならまだしも・・・。
これで、もう私は信じないと決めた。
人って、こうも変わってしまうものだろうか。
あるものが絡むと、ズタズタになるというが本当にズタズタだ。

疑いの目を持っていたけれど、ショックは隠しきれなかった。
寝れなかった。
 これから先、どうするか・・・。
第三者を通すか。

あるものが云々より、人を信じる。ということがボロボロと崩れた。
私が幼きときから中学まで、ずっと知っている方だ。
その方だからこそだ。

悲しかった、情けなかった。
私よりも随分目上の方だ。そもそも私にということからして
怪しかった。。。最初の理由からして、怪しかったのだ。

またひとつ、人が信じれなくなった。。。

あるものが絡むと自分の人生を破滅においやる。
まさにそのとおりだと思う。
たとえ、友だち、恩師、身内であっても。
ダメなものはダメと言わなきゃいけないんだ。

これから先、どうすればいいのだろうか。
第三者を通したい。もうかかわりたくないのが本音。

でも、もうその方を信じるということがこれっぽっちも出来なくなった今。
私は、あくまで 淡々と接していくだろう。
もう、この件が終われば、もう・・・。
毎年 送っていた年賀状も暑中お見舞いも・・・送る気はない。
申し訳ないが、その方が寿命でこの世を去ってもお葬式にも参列しない。

まだ、本当のことを言ってくれているなら、違ったけれど。
「嘘ですよね、それ。」と口からこぼれそうだった。
私だから?大丈夫だとでも思ったのだろうか。。。

一度 失った信頼は戻らない・・・。


悲しい。
早く 終わりにしたい。

覚悟を決めてしたことだが、私の考えが甘かったのだろう。
生きるとは?
2010年03月24日 (水) | 編集 |
~2010.03.21(Sun)~

生きる。

生きるって何だろう。

生きてるって何だろう。

何 不自由なく、行動でき、贅沢な生活は出来ないけれど、

なんとかそれなりに生活が出来て、お茶が欲しいと思えば

自販機で買うことが出来る。

 それなのに、なぜ。こんなに満たされないんだろう。

 私は、

なぜこんなに寂しいのだろう。

なぜこんなに虚しくて、心に穴があいているのだろう。

満たされないのはなぜなんだろう。

私は何を求めているのだろう。



ツラい
2010年02月26日 (金) | 編集 |
 思わしくないこころ。
明日、明後日はお休みだけれど、
誰とも会いたくないし、出掛ける気分とならない・・・。
やっと一週間仕事終わって、休み♪となるかと思ったが、
心が重い。

 なぜか・・・。
やっぱり仕事。私には務まらない。
「○○が理解できていないと、△△(職種)じゃないだろ」
と部の方が同じ部の他の方に言っているのを聞いた。

 確かに、そうだと思う。やっぱり私は△△としては無理。
いくら理解しようとしても頭がついていかない。

辞めたいな。
この職場に私のいる意味ないもの。ツラい。
いつもいつも責められているようで、ツラい。
お前なんか必要ないんだとその方に言われているようで、ツラい。

 私自身 自信がない。
はぁ。

生きるってこんなに難しいことだったんだっけ。
歳を重ねるごとに生きにくい。孤独を感じるのはなぜなんだろう。
生きる意味ってなんなんだろう。

 この世に生まれてこなければよかったのになぁ。


最悪な私の心
2010年02月01日 (月) | 編集 |
~10.1.31(Sun)~

夕方、あんなにはしゃいでいたのに、
夜には、気分がめちゃくちゃ下降してしまっていました。

何があったわけではありません。
ちょっとテレビでドキュメンタリー番組を見ていて、
それが孤独、人生、死に関するような内容で・・・。

 私の人生について、考えてしまって・・・。
そうしたら、もう何もかもが。
何やってるんだか、私は。
私の人生って何なのかな・・・。
となってしまったんです。

お薬も飲んでいたのですが、
かなり心がすさんだ状態にまで。
最近、クリニックを近くにして、
ここまでいくことは随分減っていたのに。。。

自分のやりきれなさに、辛く、暗く、
明るさが見えてこない。

どんどん深みに入ってしまい、最悪な夜でした。
清算
2010年01月01日 (金) | 編集 |
※思いをだだっと綴っておりますので、
 気分を害することがあるかもしれませんので、
 スルーしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ある物事に整理をつけた。

なぜ年明け早々になのか。。。
私自身そう思う。

本来なら2009年中に片付けるべきであったこと。
でも、2009年中に片付けれなかったこと。

私のあいまいさが招いたこと。
寂しさがあったのも事実。

 年始早々 整理をつけたことがある。
親ともめていなければ、こういう展開には
ならなかったのかもしれない。

 もう何もかも、整理して、スッキリして
一人の人間として女性として、しっかりと
自分の足で進んでいきたかったからだ。

まだ一日なら、良いスタートが切れると思った。

 しっかりと自分を持って、
自分の気持ちに嘘をつかず、凛とし、地に足を
つけ、生きていこうと思う。

私が私であるために。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ボロボロと音を立てて崩れたもの
2009年12月31日 (木) | 編集 |
※思いをだだっと綴っていますので、気分を害される
 かもしれませんので、スルーしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まぁいろいろあるもんだなぁと思いました。
親と子。子と親。

他人との関わり。

ほんと上手くいかないものです。

人と人。

親と子であっても人と人。

思うところ(考え)は違うということか。

「親の心 子知らず。」という言葉がある。

こんなことを言ったら、ど叱られるのだろうが、
(※偉そうにいうことでないことはわかっています。)

「子の心 親知らず。」

親も子もお互いを思っていても、それは時として、
一瞬として絆を無くすものなのだろうか・・・。

それほど深いから、切れるときは一瞬なんだろうか。
そんなものだろうか、親子の絆って。
崩れるときは、音を立てて一瞬で崩れる。
そういうものなのか?

一体 絆って何?
親子って何?
縁とは何?

私にはわからない。



2009年 年の瀬
2009年12月29日 (火) | 編集 |
年の瀬。
今日は、快晴太陽
静かなおだやかな日だ。
091229_1.jpg 
091229_2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。