笑顔。 心穏やかに、優しくなりたい。 ~ここにはありのままのわたしを綴っていきたいな。~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切なこととは・・・
2008年02月17日 (日) | 編集 |
先日、金曜日 オープンセミナーで
「金田一 秀穂」さんの講演を聞くチャンスがありました。
◆日本語はすばらしい~言葉は生きている~◆
金田一 秀穂さん:日本語学の権威である祖父・金田一京助氏、父・春彦氏に続く、
           日本語研究の第一人者。


正直、何をされている方か知りませんでした(^_^;)・・・。
「金田一」さんって探偵??などと思っていたほどで、今から考えると
恥ずかしい話しです・・・。

堅苦しい話しなのかなぁと思いつつ、参加してみたのですが、
参加してよかったぁ!時間がなく、終わり間際に
急いでまとめられたという感じはしたものの、
面白かった!!し、改めて大切なことを学べたような気がします。

「敬語や決まりも大事だけれども本当に大切なことは、
相手を敬う気持ち、愛おしいと想う心が大切なんだよ」
「だからこそ言葉を大事に、大切に使おう」
「心地よい言葉を使おう」
「自分の心に素直に言葉を発しよう」
「言葉は時として無力なもの」
「言葉は変化していくもの、面白がっていたほうがよい」

-----------------------------
○正しいのはどちらでしょう?
・「アボカド」「アボガド」
・「ティー字路」「テイ字路」
・「シュミレーション」「シミュレーション」
正しいのはどちらかだが、どちらでも通じるじゃないかと。
お店に行って、「アボガド」くださいと言っても、ちゃんと「アボカド」が出てくるでしょう。
そこで店員さんが「アボガド」はありませんということは無いでしょうと、
間違いだと思っていてもにこやかに対応してくれるほうが気持ちがいいでしょうと。
どちらでもいいんだよと。
間違いを指摘するより、気持ちよくやりとりをするほうがいいでしょうと。

○略語
・「あざ~す」
→何かが略された言葉です。
 なにが略されているのでしょう?わかりますか(^^)

・「おっす」
→おはようございますが略されたもの。
「押忍」はあとづけ。

・「らっしゃい」
→いらっしゃい

・「ちは~」
→こんにちは。

「あざ~す」はなにが略された言葉か。
いまどきの大学生さんが話されるみたいです(^^;
「あざ~す」がダメなら、
「おっす」も「らっしゃい」も「ちは~」もダメってことになるよね~<笑>
言葉は昔から変化するものなんだよ。いまどきの大学生は伝統をついでいるんだよ<笑>
というお話でした。

○全然・・・ない(否定系)
最近は、全然・・・肯定系もあるが、過去を見ると肯定系も使われていたとのこと。

全然 平気。
全然大丈夫。→いいかえれば(全然、心配いらない」)
全然いい。
これらは全然o.kだろうとのこと。

○仲間内ことば
「KY語」
「若者言葉」
「おじさん言葉」
「企業言葉」
→これらは仲間うちで使うぶんには全然構わない。
 ただ、それ以外で使うときには注意をしないといけないよ。
 普段 当たり前だと思って使っている言葉でも、客観的に自分を見る必要があるでしょう。
 とのことでした。
コメント
この記事へのコメント
へぇ~。

面白そうなセミナー行ってきたんだね。

相手を敬う気持ち、愛おしいと想う心が大切

・・・その通りなんだよね。

言葉は、現実。
言葉は、刃物。

言葉は、希望。

そんなCMをやっていたのを、凛ちゃんの記事を読んでいて思い出していました。

言葉は、希望。

そうありたいですね。


2008/02/17(Sun) 23:22 | URL  | ブルーダイアモンド #-[ 編集]
堅いお話かなぁと思いながらも
受けたのですが、
全然そんなことなくて楽しめました。

 ついつい忙しさや色んなことに紛れて「こころ」「思いやり」を
忘れがちになってしまうので、時々こういうのを受けてみるのも
いいものだなぁと感じました。
改めて知れるといいますか、自分をなんだろうなぁ、
見直せる機会というのでしょうか・・・。

 言葉は希望。
そうですね、そうありたいですね。

言霊ともいいますものね。
 マイナスの言葉を使っていると、マイナスに向かっちゃうからだめ、
プラスの言葉で話していると、プラスに向かうし、幸せも呼び込める
っていいますよねe-51e-50
2008/02/23(Sat) 21:32 | URL  | 凛 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。