笑顔。 心穏やかに、優しくなりたい。 ~ここにはありのままのわたしを綴っていきたいな。~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気持ちの良い対応とは・・・。
2009年02月01日 (日) | 編集 |
09.01.31
  先日 携帯を落としてしまい、部品が外れかかっていましたので、某直営の携帯
ショップ屋さんへ行ってみました。
そこのショップには結構なお客様がいました。受付の方からどの用件で来店したか
ということを聞かれ、待つこと数十分。
 担当してくださったのは若めの女性の店員さん。
パネルが若干浮いてしまっているが、電話、メールには影響ないのですが・・・という
ことを説明したあと、契約の状態も見ずにすぐに有償で修理になりますね。と一言。
またそれを無理やりはめようとしだした店員さん・・・。

・私  「すみません、ケータイ保障に入っているのですが・・・
    これは使えないのでしょうか」
・店員 「全損の場合しか使えません」
     の一言。
・私  「そうなんですか・・・。
    破損とも書いてあった気がしたのですが、全損でしか使えないのですか?」


あまり制度を理解していなかった私が悪いのですが、もう聞く気にもなれず・・・。
しかしそこでは電話をしてくれておよその修理代を話してくれました。
ケータイ保障をするよりお安い価格の修理代でした。
 でも、納得いかない部分があり持ち帰ることにし、別のショップへ。
そこでも、受付の方が事前に内容をということで説明。
ここは受付の方が丁寧で、ケータイ保障についても説明してくださり、
 「それ(ケータイ保障)を使ってもいいが、逆に私の支払いが高くなってしまうかも
しれないですね。安くすむならそれを使わずに修理したほうがいいですよ。今、問題
なく使われているということですが、万が一のこともありますので故障していないか、
一度診断してみましょう」

と言ってくださったので、ここは感じがいいかなと思いました。
しかし、実際の担当者は別の方。
数十分待ったあと、その別の担当の方にここでまた説明。
 うーん、何のために受付(?)でさっきお話したのだろうか。

・店員 「有償修理になりますね。○○円です。」
・私  「先ほど、受付の方が診断機で診断してみましょうと
     おっしゃってくださったのですが」と申し上げたところ、
・店員 「診断といいましても、僕達が電話着信を行ったり、メールしたり、
    お客様と一緒ですから」と・・・。さっきの受付の方となんか話が違う。
・私  「・・・そうなんですか?・・・」
    で修理代も、
・店員 「○○円かかりますね。ケータイ保障に入られているなら、同じ金額 ですし、
    そちらのほうが新しい携帯が来ますし・・・ここから修理に出すと一週間ほど
    かかりますが、電話かけていただければ1日~2日で携帯が届きますよ」
・私  (ん?同じ金額だけかかるの?さっきのところはそれより安かったし、先ほどの
    受付の方も安くなるかもしれないからと言っていたのに、何も見ずに、
   あっさりケータイ保障と同じ値段と・・・)
   「えっ?新しい携帯?新品ですか?ここにリフレッシュ品と書いてありますが・・・・
   新品なんですか?」
・店員「はい」
・私   「・・・そうなんですか・・・。」
     「すみません、じゃぁ様子見ます」


  いつも別のショップに行くというようなことはしないのですが、今回は最初に行った
ところで受けた感じが納得できないものだったということ、2店目に行ったが、最初の
受付の方の感じは良かったのですが、実際の対応の方は納得できないものでした。

 感じたことは、ショップによって修理代でも金額が違ってくるんだと思ってしまった事・・・。
そして結局、人なんだなぁと思いました。対応の仕方で、こちらも受ける感情が違う。
もう某電話会社の携帯は使わないでおこうとも実際に思ってしまいました。

この記事は中傷しているわけではありませんので、ご理解いただきたいと思います。
私の態度が店員から見たときにどう思われていたかはわかりませんし、別の店員さん、
ショップさんでは、また違うと思います。同じ対応でも人それぞれ受け取り方が違うと
思いますので、全否定をしているわけではありません。
 今日私が感じた思いをつづりました。また、私自身、いろいろなサービスがあるけれ
ど、その中身をしっかり確認してから契約をしようと思いました。必要の無いお金を月々
払っているかもしれないと感じました。
 そして、今日感じたことを忘れないでおこうと思いました。
 私も人、物を売る立場や説明する立場、お客様と接する立場として立ったときに、
気をつけようと思いました。私自身もそういう思いを誰かにしているかもしれないと
思います。
  一瞬のことかもしれませんが、その人と人との関わりで、不愉快にも気持ちよく思う
こともある。人の心はその一瞬で左右されることがあるということを改めて感じた一日
でした。
“人の振りみて我がフリなおそう。”としみじみ思った日でした。
それと同時にお互いに気持ちよく接することの難しさも感じている今日この頃です。


コメント
この記事へのコメント
ウチも、凜さんと同じく感じることがよくあります。

やはり、ショップで物を売り買いする前や
お医者さんなどでも同じですが

人間同士のやり取り
言葉や 相手側を考えるかの気持ち一つで
相手に与える印象は違いますよね。


毎年、色んな会社が見に来る
接客選手権がダンナの会社であるらしいのですが
こんなことが多い世の中
やはり必要だなと思いました。

2009/02/01(Sun) 16:51 | URL  | うるる #IpT9aHSo[ 編集]
そうですね。
ちょっとしたことなのかも知れないですが、
やっぱり違うものだなぁと。
 接客選手権?あるんですね。

今回 私自身も、見直せるいい機会となりました。
感じがいいって大切だなぁと。

2009/02/01(Sun) 21:24 | URL  | 凛 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。