笑顔。 心穏やかに、優しくなりたい。 ~ここにはありのままのわたしを綴っていきたいな。~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう信じることはない。
2010年06月01日 (火) | 編集 |
~2010.05.31(Mon)~

※思いをだだっと綴っておりますので、
 気分を害することがあるかもしれませんので、
 スルーしてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 昨年のクリスマスに起きた出来事。。。
⇒(過去記事へ
その方の心意(真意)が問われる日だった。
半分は信じていた。いや、信じたかった。
7割がた 疑いの目で見ていたのが事実。

 夜 電話が鳴った。
案の定・・・。詳しくは書けないけれど。
やっぱりかぁ・・・。
やはり世間でも言うように、あるものが絡むときは、
絶対信じちゃいけなかったんだなぁ。

その方は、すぐに電話を切った。また明日かけるという。
何が変わるのか?言い訳??
意思はあるのか?
もう声も聞きたくない。

いくらなんでも、常識が無いのではないか、
「それは、でまかせですよね」としか思えない 言い訳だった。

期日は今日。そうなったのは今日でないはず。
前もって言ってくるならまだしも・・・。
これで、もう私は信じないと決めた。
人って、こうも変わってしまうものだろうか。
あるものが絡むと、ズタズタになるというが本当にズタズタだ。

疑いの目を持っていたけれど、ショックは隠しきれなかった。
寝れなかった。
 これから先、どうするか・・・。
第三者を通すか。

あるものが云々より、人を信じる。ということがボロボロと崩れた。
私が幼きときから中学まで、ずっと知っている方だ。
その方だからこそだ。

悲しかった、情けなかった。
私よりも随分目上の方だ。そもそも私にということからして
怪しかった。。。最初の理由からして、怪しかったのだ。

またひとつ、人が信じれなくなった。。。

あるものが絡むと自分の人生を破滅においやる。
まさにそのとおりだと思う。
たとえ、友だち、恩師、身内であっても。
ダメなものはダメと言わなきゃいけないんだ。

これから先、どうすればいいのだろうか。
第三者を通したい。もうかかわりたくないのが本音。

でも、もうその方を信じるということがこれっぽっちも出来なくなった今。
私は、あくまで 淡々と接していくだろう。
もう、この件が終われば、もう・・・。
毎年 送っていた年賀状も暑中お見舞いも・・・送る気はない。
申し訳ないが、その方が寿命でこの世を去ってもお葬式にも参列しない。

まだ、本当のことを言ってくれているなら、違ったけれど。
「嘘ですよね、それ。」と口からこぼれそうだった。
私だから?大丈夫だとでも思ったのだろうか。。。

一度 失った信頼は戻らない・・・。


悲しい。
早く 終わりにしたい。

覚悟を決めてしたことだが、私の考えが甘かったのだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。