笑顔。 心穏やかに、優しくなりたい。 ~ここにはありのままのわたしを綴っていきたいな。~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次は105年後
2012年06月06日 (水) | 編集 |
金星の太陽面通過。
8年前の2004年6月8日にも観測することができたらしいですが、
その時はそれほど、感心がなかったような

朝、ちょうど出勤時(7:10頃~7時半頃)は、お日様は雲の中で見ることができず、
どうかなと思っていましたが、約6時間半ぐらいかけて通過するとのことで
どこかで見ることができたらいいなぁと思っていました。
少しづつ、お日様が顔を出してきたのもわかったので、
お昼休憩時に見ることができました

ただ遠くて、私の視力では、あれかな?というくらいでしたが、
(※もちろん、日食グラスを通してみています)
この時間にはこの辺りという図を見せてもらいながらだったので、
確かにあの点が金星だったと思います

ブラック・ドロップ効果。
金星が太陽面に入る直後と出て行く直後のことをいうらしいですが、
これは、朝は曇っていて見えず、出て行く直後は、仕事で見えませんでした。

次回に見えるのは、なんと105年度の2117年12月11日。
金星の太陽面通過は8年と100年強の間隔で起きているんだそうです。

明治7年、1874年12月9日には米国隊が長崎、フランス隊が長崎と神戸、
メキシコ隊が横浜で観測したというから、すごいですね

いつもは、お星さまとして輝く金星を眺めていますが、
今日はちがった金星を見ることができて、良かったです。

---------------
金星の直径は月の4倍近くあるそうですが、
地球と月の距離は約38万㎞に対して約4300万㎞。
だから日食のように太陽を隠してしまわないんですね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。